看護師国家試験ドットコムTOP > 精神看護学

精神看護学トピックス


精神の健康の保持や、心を病んだ人を理解し、あらゆる人々が心の健康を保ち、その人らしく生活していくための基本的な看護について学ぶ学問です。



【 精神看護学・各論 】
精神看護学の講義では、人間の精神の構造と機能の理解を基盤に、精神状態に影響を受けた個人の生活行動、および人間関係に焦点を置き、精神の健康の保持増進、精神の健康障害の予防、および一旦精神障害をきたした人々に対する看護援助について学んでいます。またこれらの学びを通して、広く看護全般に活用しうる精神看護学の知識と技術を習得することを目指しています。
講義は、精神看護学概論、精神保健論、歴史および法制度論、援助技術、援助方法論、各障害別看護のほかに、家族への援助、当事者活動などの内容によって構成されています。

【 精神看護学実習】
精神に障害を持つ人への看護実践を行う能力を養うことを目的に、1.精神に障害を持つ人の心を、生物・心理・社会的観点から理解できる、2.生活者としての精神障害者を理解する、3.対人関係的関わりを通して、精神障害者の生活援助を実践する、4.精神病院並びに地域で行われている保健・医療・福祉援助について知る、以上を実習目標として精神看護学の実習を行っています。

【 リエゾン精神看護】
精神看護学の一専門領域としてのリエゾン精神看護学の位置づけ・目的と機能を理解し、身体疾患を持つ対象の精神の健康問題とそれに対する看護援助、看護師のメンタルヘルスとそのサポート、および看護アプローチの技法について、講義と演習を通して学んでいます。


 

※1 一例として東京女子医科大学より引用




Copyright 看護師国家試験ドットコム All rights reserved